シュブンキンの丸山

配偶者の不倫行為が発覚したら、とりあえず対応を考えるために気分を落ち着けて、いつもの自分を取り戻すことが大事です。不倫を許して一緒にやっていくことが無理なら、やはり離婚や慰謝料といった問題も出てきます。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、今後のことについて相談することをおすすめします。先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。時効といって、不倫していた相手が明らかになってから3年、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。それに、時効期限が近づいているときでも、提訴すれば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。期限まで間がないときは、裁判で時効を利用させないことも選択肢に入れてみましょう。子供のいる親が離婚する時は、不倫していた親のほうは子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。でもそれは、絶対的なものではないのです。子供の親権というものは、裁判では日常的に子と生活を共にしているかとか、育児への参加度合いなどを考慮します。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかが優先されると考えて良いでしょう。浮気調査なんていちいちしなくてもと思われるかもしれません。でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女性の気配のないような会社でも放置していては、あとで泣くことになるかもしれません。取引先や出入り業者など「たまに来る」女性のほうが浮気はしやすいですから。一緒にいて怪しい点があるときは、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、正体のわからない不安に苛まれることもなく、精神的にも負担が少ないと思います。もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは無料で相談してみるのがいいでしょう。裏切られているかもしれないショックで気が動転しているのに、見聞きもしたことのない業者に個人情報を伝えて調査してもらうのは、やはり無理があります。そのような不安を少しでも減らすために、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。不倫行為があった場合、慰謝料の支払いを求めることができます。ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、横道にずれたり頓挫することも多いです。うまくいかないときは訴訟になることもあるわけで、そうなる前に弁護士にお願いして、無理のない問題解決を図る方が良いかもしれません。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、便利に使いすぎて浮気がばれてしまった場合も増えているのです。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅう更新するようになったら、不倫相手と連絡を取り合っていると疑ったほうがいいかもしれません。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料にもなるのです。略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。結構言い得ているのではないでしょうか。もともと我が身のために、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、たとえ結婚できたとしても、それまでの経緯がばれたら終わりと不安な思いをしてずっと暮らしていくのです。不倫経験者なんかと結婚しても、興奮や癒しを求めて不倫が再発することだってあるでしょうし、そう落ち着いてもいられないでしょうね。異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。不倫の代償は大きいです。もし、今の家庭環境に不満でも、あらたな恋人と幸せになろうというのは、お気楽すぎるように思えてなりません。本来は夫婦の問題であるのだから、そのようなことで解消するとは思えませんし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。しかも、事実が判明したところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように解雇することはできません。ただ、職場の規則やパートの契約書などの、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるという線から考えれば、懲戒対象とも思われます。実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、厳しいお咎めはなしで済んでいるようです。浮気がばれると、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。だいたいの支払額ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなど大きな違いがあるようです。支払いが無理そうなら、額を減らしてもらうよう交渉することもできます。私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した妻はひとつ年下で専業主婦をしています。情けない話ですが、先週、まさかの不倫発覚。妻は謝るどころか色々理屈をつけてきて、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。別居のほうがまだマシです。妻の浮気にもその後の態度にも、心を痛めています。このままなかったことにするつもりなら、はっきりと手を打たせてもらいましょう。「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、おそらく高くつくでしょう。もっとも、パートナーの対応によっても変わるでしょう。しかし、家庭が滅茶苦茶になったり、慰謝料の支払いも覚悟しなければなりません。不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的にも社会的にも代償を支払い、今後の生活を送ることになります。浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、妻にとっては浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。そんな身勝手な行動を黙認することはありません。相手の浮気を裏付ける方法というと身近なところでスマホ(携帯電話)でしょう。ライン、メール、フリーメールなどを駆使して浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。ハイテクが日常生活に浸透している現代では、個人でもGPS機能を使えば浮気を発見できるようになったのは有難いことです。GPSつきの携帯やスマホはたくさんありますから、それを持ってもらうことで、ほぼリアルタイムで位置情報がわかるのです。法律に触れることはないので、自力でパートナーの浮気を見つけようと思ったら、GPSが役立つかもしれません。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。その際、証拠となるものは、写真でしょう。誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、不用意なトラブルに発展しかねませんので、探偵を雇うなどのプロのワザも考える価値があるのではないでしょうか。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。それには証拠固めが不可欠ですが、きちんとした裏付けさえとれれば、あとはもう好きなように締めあげてやるまでです。中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、碌なことにならないですよ。それを分かってて不倫するほうが悪いんです。完全に配偶者の浮気をやめさせ、相手と手を切らせる方法としては、浮気の証拠をしっかり掴んで、双方に慰謝料の支払いを求めるのが有効です。不倫の相手のほうでは考えなしにやっているというのが現実だったりします。賠償を求めることで、自分たちがしたことを実感させるのです。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。つい先日、夫が不倫をしていたことがわかり、家族会議の結果、離婚することになりました。まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養っていくのです。感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。パートナーの不倫が露見したら、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、どのように対応するか具体的に考えましょう。だいたい不倫行為は、やってしまった人間が「有責」なのです。メンタル的には本当の解消には至らないかもしれませんが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)を請求するのは、配偶者として当然の権利です。どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。でも、女性だって浮気するじゃありませんか。町内会や仕事先。子供や自分の習い事。人妻だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、夫がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。最近は、妻の不倫というのが増えているのか、不倫調査で探偵社を訪れる男性は以前ほど珍しいものではなくなってきました。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。でも、そう難しく感じることもないのではないでしょうか。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、その証拠を握っておいたほうがメリットはあるはずです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵調査を頼むのがいいでしょう。「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きはそれぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気したと言って怒る人もいます。実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為と認識されます。一般的には、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは慎むにこしたことはありません。どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す始末の悪いもののようです。交際相手とのやりとりが見つかって、謝って一時的に大人しくなるのですが、またしても我慢できなくて浮気するおそれは充分あります。思い当たるフシがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、ガッチリ浮気の証拠固めをして、決着をつけてもらいましょう。非嫡出子でも認知を求めることは可能です(民法779条)。一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、親子関係では非常に重要な手続きとなります。なかなか認知されない場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。子供ができないうちに不倫関係を絶っておかなかったら、長期的に見てかなりの不利益も覚悟しなければなりません。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。プロのアドバイスを受けつつ、回復へ向かって少しずつ歩んでいきましょう。信頼していた相手に裏切られたことで別れたあとも人間不信を引きずってしまい、将来に対して消極的に考えてしまうような人も少なくないです。もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。ただ、証拠というのは重要です。もしあれば、離婚してもしなくても、有利な展開に持ち込むことができます。もし浮気の確証がもてるようなら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。お金はかかるものの、浮気相手と出かけているときの写真等、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいか明確にしておくのが大事です。たとえば、不倫関係を解消させたいのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。どこに主眼を置くかにより探偵の調査内容に違いが出てくる場合が多いからです。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは充分考えられます。一般的に慰謝料というと、あちらが離婚しないか、したかによって大きな違いがあります。離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談するようにしてください。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、出来高制を採用している場合もあります。浮気の裏付けがとれない限り、お金を払わなくていいなんて、すごくトクな感じがします。でも、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、調査時間数が通常より多くなりそうな気配だと、契約できないときもあるらしいです。それに、浮気の裏付けがとれたときにかなりの代金を請求されることもあるので注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です