さゆすけの猪狩

いよいよ来月引っ越しするのですが持っていく荷物にピアノを含めるか持っていかずに処分するかで迷っています。ピアノを使わない予定なのでただの飾りにしかなりません。一方、捨てるというのも無料では済まないだろうし、どうしたら良いのかわかりません。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、条件が会う方はいないものです。一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣人はどんな人なのか、ほとんどはっきりしなくても何とかなるというのがおかしいと思わなくなっています。そうは言っても、日頃から挨拶を交わし、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係は保っていた方が良いでしょう。お隣さんといい関係を作るために、取りかかりとしては引っ越してきたときには手土産を持ってお隣に挨拶に行くことがまず必要です。どんな人でも、住むところが変われば新たな生活を送れるようにするため予想外の出費を避けられないので、引っ越しで業者を利用するにしても一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。まずは、業者の料金システムをよく調べて、割り引きがきくかどうか見てみましょう。ほとんどの割引サービスは年度末などの繁忙期以外に引っ越しすればオフシーズン割引になるので、割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。どんな人の引っ越しにも、必ず関わってくる手続きに、役所への転出届と転入届があります。先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入する市区町村の役所に行き、転入届を出して転入手続きをします。転出と転入は一体の関係なので、転出届と一緒でないと転入届は受理されないことには要注意です。忘れると大変なことになってしまうので引っ越し後、できるだけ早く手続きをしておきましょう。引っ越し業者の費用の相場は、同一内容の引っ越しで比べても時期が決めるといっても過言ではありません。年度末や夏、冬の休みはどうしても引っ越しの依頼が多いので、基本料金そのものが高くなることが多いです。もしできるなら、繁忙期以外の閑散期に依頼できると相対的にお得な引っ越しができることになります。費用の差が倍近くになる業者もあります。引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。たとえば、荷造りをしているときです。やり慣れない作業でカッター類を多用しますから、ケガの危険性はかなり高いのです。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めの危険性を考えないといけません。軍手なら何でも良いわけでなく、手指のサイズに合っていることと、滑り止めがついていることを意識して軍手を用意しなければなりません。手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。引っ越しの前にすることとして、誰でも必須なのが転出届を提出し、受理してもらうことです。この転出届、現在住んでいる市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵便で役所に送ることもできます。それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、委任状を出すことによって、代理人の提出も可能になります。実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることが多くの自治体で可能になっています。引っ越しで、細かいものの荷造りは大変ですが、食器は数も多く、とても面倒です。お皿やグラスといった割れ物は特に、包み方や詰め方を一歩誤ると運んでいる途中で壊れることも考えられます。繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んでまた、専用の箱があるのでそれに入れるなど、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の可能性はかなり低くなります。引っ越しの荷造りは大変なものですが、特に割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。どこまでも油断は禁物です。包み方にもコツがあります。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、底面から一個ずつ包むようにしましょう。新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとクッションとしての役割がより高まります。持ち手や取っ手がある器の場合は、飛び出たところを先に包むのがコツです。退職して年金をもらうようになると、日常生活そのものが一変します。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、年金生活に突入することで、住まいが合わないことも往々にしてあるものです。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃を払い続けられるかが問題になってきます。ここで思い切って、住環境を変えてみるのも賢明な選択だと言えます。一般家庭の引っ越しを扱う会社としては実績を知られているのは引っ越しのサカイだといわれています。支店の数は全国170社以上に及び、自社の保有車は3500台超で、一般家庭の引っ越しでも、大手の強みを生かしたサービスを望むことができます。サービスの向上にも努めており、スタッフ全員が水準以上の仕事をしているのでいろいろなケースも信頼して任せることができます。私たち一家が新居に引っ越したときは、1歳の子供がいました。引っ越して、小さい子でも新しい環境に慣れるまでの間、ちょっと戸惑っているのがわかりました。案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機にもう使わないものを片付けていきました。そんな作業の合間に母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、なんだか懐かしく思いました。引越しで居住地が変われば、様々な形で届を出して、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。引っ越し後も固定電話を使う場合、番号が変わることがよくあるものです。引っ越しが決まったら、NTTに連絡してください。この回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要かきちんと理解しておきましょう。今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。同一市内局番の地域内で引っ越すなら、引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。まずクローゼットを空にしてみると使わないものをためこんでいたことがわかって呆れかえりました。特に服はずっと着ていなかったものが大半でした。引っ越しが良い機会になっていらないものを手放すことができ、荷物も私の心も整理することができました。地方から上京してきて、今まで3回引っ越しました。引っ越しの理由は進学や就職ですが、何回やっても荷作りには手間取るものです。そこでわかったことですが、単身者の引っ越しであれば、割高になっても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使うのが頑丈で運びやすい荷物が作れるということです。スーパーのダンボールやクラフトテープは手軽に入手できますが、丈夫さが全く違います。頑丈な荷物を作るためにどうしても必要ですから、あきらめないで入手しましょう。単身者が引っ越す場合、通常のサービスを使って引っ越すより、単身者向けパックを使うようにすると予算面ではかなりお得です。専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので大して荷物が入れられないという思い込みがありますが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。それでも若干の荷物が余ってしまったら、同じ業者の宅配サービスを利用してください。収拾がつかないくらい、ものをたくさん持っている生活を過ごしている方にとっては、引っ越しを考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りを完了することでしょう。ものが多すぎて整理しきれず、荷造りを終える見込みが立たなくなってしまうと引っ越しそのものをあきらめたくなってしまいそうですが、いいきっかけになったと割り切って捨てることを楽しめれば一番楽なのは自分自身です。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時には考えていくべきでしょう。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、電話会社との間で、転居しても使い続けるための意外と時間がかかるやりとりが生じます。契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話のない生活を余儀なくされますから引っ越しの多い時季には先手を打って片付けるようにするべきです。社会人になりたての頃、友達と二人で部屋を借りて一時住んでいました。アパートだと、ペットを飼えないところが多く猫と一緒に住みたい友達は猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。二人で不動産屋に相談し、猫が飼える物件に出会いました。早速入居できたので私たち二人も、そして猫も喜びました。何かの節目で今後NHKは見ないという見通しがあり、NHKに解約を申し込んでも、自宅に受信機がないという証明が必要になるなど思わぬ手間をとられます。しかも、受信料が自動引き落としになっていれば解約の手続きが全て終わるまでは受信料の引き落としを止められないので、他の手続きよりも早めに契約を解除する手続きを進めるのが正解です。家移りも本格的になると、なんだかんだと、引っ越し当日はやるべきことに追われて、一日がかりの作業を覚悟しなければならないので、あらかじめ終わらせておけることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことをどんなことにも優先して終わらせておき、荷物の中でも、引っ越し当日まで使いそうなものは、他のものと一緒にせず、取り出しやすくしておくことも大事です。転居するのが好き、という方でなければ、往々にして、引っ越しは一生でも一つのターニングポイントになるかもしれませんが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。どんなケースでも引っ越し当日は大変ですが、そこでたくさんのことを処理しようとして予期せぬトラブルが起きてしまうと、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。この前の土日で、引っ越しを済ませました。引っ越し作業が全て終わり、玄関の明かりをつけたとき、「これからはここが自分の家だ」とジーンときました。こんなこともめったにないのでちょっとぜいたくをして宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。期待でいっぱいの新しい生活が始まりました。住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。転入先から最寄りの警察署へ行き、運転免許証だけでなく、新住民票の写し(住所変更した健康保険証や、新住所あての公共料金領収書なども使えます)を窓口受付時間内に提出し、届に記入すれば手続きは比較的早く終わります。引っ越しの前日までに、短時間で良いので引っ越しのタイムスケジュールを確かめてください。何時に業者が来る予定か、何時までに作業を終えなければならないかなど、時間とやることの調整をしておきます。荷物は運び出しやすいところまで移動しておき、当日の関係者のために飲み物を揃えておきます。熱中症予防のためにも、飲み物があると夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。十分な大きさと量のダンボールを揃え、日程を考えて梱包作業を進めます。日々使うものは予め別にしておいて、他のものをざっと分類して詰めるようにしましょう。何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくとより片付けしやすくなるでしょう。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。日程を考え、計画的に取りかかりましょう。自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら見積もりをとった後で、引っ越しの業者を決定することを忘れないでください。一番良いのは実際に業者に見てもらうことですが、来てもらう時間を取れない場合は電話でおおよその荷物の量を説明すると大体いくらぐらいになるかわかります。あの業者ではいくらだったと伝えるとそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。どうにか時間を作って複数の業者の見積もりをとる方が得なのです。学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数が増えた、あるいは減ったといった事情で人は引っ越しするのではないでしょうか。これを機会に、長いこと使っていないものや着なくなった服など思い切って処分して、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。ただ、布団を処分したという話はあまり聞きません。これまで使っていた布団をそのまま持っていくことが多いようです。毎晩使っているので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。この間、引っ越しまして、準備で疲れてしまったのは確かです。マンションに住んでいたし、一階ではなかったので業者さんに大きい荷物をおまかせしました。けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。大きな荷物以外は何日もかけて台車を借りて荷物を載せ、新居に搬入しました。台車一台で、よくも運んだものです。賃貸の物件から引っ越す場合には、退去時に原状回復を求められますが、一方で経年劣化は避けられません。破壊や破損が明らかな箇所は退去時に修理費用を払わなくてはならないことが普通ですが、経年劣化と見なされる日焼けなどは修理費用を出す必要はないとされます。何にしても、余計な傷や変化を生じないように暮らすのが次に住む人のため、そして自分のためなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です